So-net無料ブログ作成
検索選択

ペシャワール会 現地報告写真展 30年のあゆみ [本、映画、テレビ他]

昨日は月に一度の埼玉県小川町行でした。
先月より、小川町でペシャワール会の写真展が行われることを
知っていたので 立ち寄る事に決めていました。


誰もが押し寄せる所なら誰かが行く。
誰も行かない所でこそ、我々は必要とされる

ペシャワール会は1983年9月中村医師の
パキスタンでの医療活動を支援する目的で結成された
国際NGO(NPO)団体です。

http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/index.html

中村哲さんを中心にアフガニスタン並びにパキスタンの辺境地区に医療、
その後は井戸掘り、そして今は命の元となる肥沃な大地を作るために
灌漑事業を行っています。

私はアフガン・イラク戦争の時より中村さんの考えに共鳴し
会員となっています。
会報に書かれていますが、会員は可能な範囲で、
自ら総意工夫して自由なやり方で支援活動を行うとありますから
まだご存じない方の為に、ここでご紹介したいと思います。

小川町の写真展は、ワーカーである石橋さんが
ご自身の経営される会社の敷地内にあるギャラリーを
開放して展示されていました。
写真の方です。

1419375358395.jpg

以前はボランティアとして 仕事をして稼いだお金でアフガンに渡り、
また日本へ戻るという生活を10年されていたようですが、
今は主に日本での現地スタッフとして活動を支えていらっしゃいます。
私の今やっていることともかなりリンクしていることもあり、
お話も弾みました。
また写真についても細かくご説明頂き、とてもわかりやすかったです。
そして、スクリーンで過去にnhkにて放送されたものを拝見し
貴重な時間を過ごしました。

外国への支援で一番大切な事は
現地の人のニーズに合わせて、一緒に考えて、共に行動し
支援する事
ではないでしょうか。
中村さんを批判する人はいます。しかし30年にわたって
あの辺境の地での支援活動は並みの人ではできません。
そして、それを支えるスタッフの皆様にも頭が下がります。
何かを感じ、人の為に生きたいと思う方たちばかりでしょう

本とDVDを2つ購入し、なおかつ ペシャワール会小川町支部の
会員ともなりました。
福岡の本部では多くのボランティアの方が活動されています。
そして会費の経費は95%が現地の為に使われるという事です。
昨今の他の支援団体とは大きく違う事ですが、
これは中村さんの意志だという事です。

1419379820082.jpg

写真は このようなところが こうなったと言うものを写しています。
ひどい写真だとは思いますが
比べてみてください。明らかに緑が蘇っています。
これこそが本当の支援だと私は思いますが・・・・

1419375482449.jpg

1419375403300.jpg

1419375437263.jpg

1419375502456.jpg


nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 38

コメント 8

gonntan

義兄夫婦も福岡で会員ですので
毎年カレンダーを分けてくれます。
私も中村医師のお話をお聞きしました。
控えめな淡々としたお話しぶりで
地道な仕事をちゃんとする方ですね。
私たちが歩まねばならない道の
誠実な先達だと思います。
クリスチャンですね
by gonntan (2014-12-24 22:31) 

アヨアン・イゴカー

中村哲先生は、私が尊敬する日本人の一人です。
もしかすると、弟もペシャワールの会の会員かもしれません。
私は素人なのでよく分かりませんが、地下水をくみ上げることで、地下水が涸れてしまうかもしれないと気にはなっています。涸れてしまったら折角灌漑した畑も元にもどってしまうのではないか、と。絶対的な雨量が少なければ、地下水がなくなってしまう事は想定しなければなりません。それでも当面生活ができるようになり争いが収まること、人間らしく暮らすことができることはとても重要なことだと思います。
by アヨアン・イゴカー (2014-12-24 23:15) 

Ujiki.oO

カテゴリーが So-netブログシステムの初期値である参加人口が異常に異様に多過ぎる「日記・雑感」では、折角の majyo さんの貴重な記事が、「あっと言う間に土石流に流され」ます。 PRしたいわけではありませんが、 http://create2014.blog.so-net.ne.jp/BlogThemeOfSo-net で「OK, Display !」をクリックすれば、2014/05/末~2014/06/22 の統計ですけど「日記・雑感」にだけは棲んではいけない理由が明白となるでしょう。(微笑) 大都会の雑踏で貴重な記事が流されるよりも、少なくとも異常に多数の記事投稿に利用されるであろう「日記・雑感」から抜け出て、少しでも「テーマ」内で駐留して、1人でも多くの方の目に留まる努力は決して無駄ではないと存じます。 またまた、でしゃばったコメントに付き済まないと存じます。 貴重なブログ記事を精力的に書かれるので、良かれと思って「送信」しました。
by Ujiki.oO (2014-12-25 01:40) 

majyo

gonntan様

義兄様がカレンダーを分けて下るのは、多分支援の意味で
買われるのだと思います。私もすぐにDVD他を見れるわけでは
ありませんが、興味のある方に 見ていただくために購入しました。
石橋さんのお話では、中村さんは目立つことが嫌いだそうです。
地道に現地の人に寄り添い、理解を深めて
お仕事をされ、また現地の方々が育っています。
クリスチャンですが、多分gonntanさんと同じようなお考えだと
私は思いますが。


by majyo (2014-12-25 07:53) 

majyo

アヨアン・イゴカー様
本当に生き方、考え方、私も尊敬している方です。
地下水ですが、枯渇してきているようです。
そのために川の水を利用できるように灌漑土木工事の方に
移られたのではないでしょうか?
私も、数年はただの会員でしたが、あのイラク戦争時と同じようになり
また、自身もブログなど始めましたから
ご紹介のチャンスが出来たわけです。
とにかく昔と違い、気候変動が激しく、一時はひどい旱魃になったようです。
これも、地球温暖化の影響ですね。
昔の写真集を見ましたが、本当に桃源郷のようでした。
本来は農業国ですから

by majyo (2014-12-25 07:54) 

majyo

Ujiki.oO様
私のカテゴリーの「日記・雑感」ですが
ダントツに多い事は存じていましたが
それでは、さてどこに? というと 無いような気がしました。
しばらく順位が検討外になっていましたから
ソネットにお尋ねして、ようやく順位が出て、その時にソネットに参加しないと
読者数は増えませんよと言われ、ソネットブログを拝見するようになりました。
それ以来、少しずつ読者数は増えています。
いずれの課題ですが
私は、こういう人間ですから カテゴリーを絞るというわけには
いかないと思っています。
今の傾向は、初めていらした方が 他をいっぱい読んでくださっています。
とてもありがたい事で、流されてはいないと思っています。
カテゴリーについてはもう少し、考えたいと思っています。
アドバイスありがとうございました

by majyo (2014-12-25 08:05) 

momotaro

いつもいい記事をありがとうございます。
コメントのやりとりも素晴らしい。
読者の気持ちもわかるし、著者の気持ちもさらに伝わってきます。燦Q

by momotaro (2014-12-25 11:33) 

majyo

momotaro様
ペシャワール会のお知らせができて良かったです。
ここでの会話は 私はとても好きなんですよ。
ずっとコメント入れないようにして書いていましたから・・・
ぬくもりが感じられ嬉しいですよ
by majyo (2014-12-25 16:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: