So-net無料ブログ作成

跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)・森友問題 [政治・社会]

この頃の事件を考えると、最初はほんのきっかけだった
共産党都議が豊洲の地下に水がたまっていると言った時から
豊洲は今の混迷にある

この森友学園の小学校問題でも
ネットにおかしな教育風景が出たのが最初ではなかったか?
それは多分、氷山の一角なのでしょう
インターネットラジオで過去にこの問題に触れているのを知り
後で聞きました。一部のジャーナリストや市議も追っていたようです。

こんな訳がわからない事がまかり通るくらい
この国の政治は濁ってきています。
忖度なんてこの政権になってからとても多いと思う。
メデイアの委縮は甚だしい

今、イナダ問題が多く取り上げられているが
籠池氏と会った会わないより その資質が問われていると思っている
稲田朋美について
ネットからお借りしました
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12188224376.html

○「国民の生活が大事なんて政治は間違っていると思います」

○「えー国防軍を創設する。そんな憲法草案を提出いたしました」

○「戦争は霊魂の進化に必要な宗教的行事、それが私の生き方の根本」
 
○「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、
  [祖国に何かあれば後に続きます] と誓うところでないといけないんです」

○「慰安婦問題の次は百人斬り報道も訂正させよう」

○「戦前日本の占領政策は欧米の帝国主義とは違う」

○「安保法制が違憲かどうか国会審議する意味は無い」

そして

○「国のために血を流す覚悟をしてほしい」

戦後の生まれで、どうしてこのような考えに至るのか?
私には不思議でした。成長の家とも関係あるとは知っていましたが・・

昨日、ライターの菅野完さんの話で分かりました
お父さんは 関西圏の 右翼の大物だったそうです
大人になってどこかで気が付けば良かったのに
時代が彼女を受け入れたのでしょう
だから籠池氏ともお父さんの時代からつながりはあったそうです
お父さんは昨年亡くなられています

彼女は大物右翼の家に一人娘として生まれました。父親は教師です。
その他、親の影響は多いと思います
私も結婚前は自民党が一番と思っていましたから

だからこそ、塚本幼稚園のような極端な教育はよくありません
あのまま小学校まであの教育を受けたとしたら
考えるに恐ろしい。戦前がまかり通る事になります
教育勅語を良いように解釈して、賛美していましたから。

話し変わって昨夜1時ころまで聞いたり読んだりした
注目のライターの菅野 完さんですが(日本会議について本を書いた人です)
うさんくさいとネットには書かれています
色々な経験をされたようです

カゴイケ氏に代わって インタビュー受けていましたが
なかなか肝が据わっていると思いました
カゴイケ氏の話と自分の言葉が入り混じってはいましたが
概ね理解できます
過去の経歴より今、何を言うのかが問題です
彼はカゴイケ氏を批判する立場にいたのですが、どこか通じるものがあったのでしょう

父兄と幼稚園を考えれば、幼稚園が悪い
しかし 役人や政治家を考えるとカゴイケ氏には
それを決済する力が無いのだからそれを認めた役人や政治家が悪いと言います

何故、彼が反対側にも関わらず単独インタビュー出来たのか?
これは同席したジャーナリストが呆れてしかし、すごい能力と感心していました。
胆力があると書かれていました。懐に飛び込める人なんですね
野良犬ジャーナリストとも言われています。
彼は一人では限界があるから自分の持つ情報も多く出すようです

写真見せて大阪府知事の松井、迫田前理財局長を
追うようにと他のジャーナリストに言いました。迫田氏は山口県出身です

40分の長いインタビーでしたがこれは短縮版です
気が向いたら聞いてください。テレビで一部放送しました   

籠池邸(テキスト)
https://hbol.jp/133177

菅野さん自宅前で(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=r7hUwkXoy5g

今日も動きがありましたが
籠池発言は全部否定されています
どっちかが嘘なんですね。 私にはわかりません??


 


nice!(61)  コメント(40)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感