So-net無料ブログ作成

政治の報復 [政治・社会]

このところ、夜は読書では無くて、ユーチューブの動画を聞いている
途中で寝てしまうが、それでも頭に残った事がある。
記事も読んでいるから当たらずとも遠からじかなあ
 
この政権は 「報復」をするようだ。この政権に限らないかもしれないがヒドイ
以前に文科省の天下り問題が起きた時は、気が付かなかったが
昨夜聞いた、大竹まことの番組のゲストは古賀茂明さんで
文科省の天下り問題の時は違和感を感じたという
自分の知っている官僚はたくさん天下りをしていると言う
多分、法の抜け道があるのでしょう
 
問題になった文科省の吉田大輔元高等教育局長
この方政権にも唯々諾々と従わなかったようですね。
そしててその事務方トップは前川喜平さん
やはり意向は聞いても聞くだけで動かなかった
報復だろうと元経産の古賀さんはおっしゃる
 
経産省、財務省、みんないっぱい天下りしている
おかしいと
やはり官僚だった森永卓郎さんが別の番組で言いました。
前川さん、甘すぎると
トップになると、調査が付くんですよ。それで弱いところを捕まえられると
相手の思うとおりにさせられると
 
前川さん、最後は従ったけれど、忸怩たる思いがあると言ったように
抵抗はしたのでしょう
だから引責辞任に追い込まれたと言うのが近いと思います
 
内閣府は経産省官僚が多い
影の総理大臣とか言われる人もいるけれど、実質このような人たちが
総理大臣付きで何人もいる。威光をちらつかせる
 
文科省問題は報復人事では?と断定はしないけれど古賀さんは仰っていた
前川さんは、小泉時代にも結構戦ったらしい
しかし、その時だけで報復は無かったと言う
今回のアベ政権は、やる事が姑息です。
 
確かに出会い系バーに行ったのは、甘かったと思う
たとえそれが調査の為であると言っても・・・・
彼は、前川製作所のご子息ですが、金儲けは出来ないと
役人になったらしい。
妹さんは、中曽根弘文氏の奥様ですが、姪である女性が
かなり以前に書いた、ブログ記事読みましたが
ユニークで面白いが、何でも一生懸命やるらしい。
幾つかエピソードがあった
 
報復って嫌ですね。
きちんと議論を闘わせず、弱いところを見つけて捏造して陥れる
その為に官憲を使うのです。
公僕とは名ばかりになりました。
いまや私兵です。
 
当たり前のことが、トップが疑心案偽の人だとこういう結果になるのでしょう
----------------------------
虫取りナデシコ(畑の)
虫ではなくて取って欲しいなあ・・・悪を
s-s-IMG_2805.jpg
 

nice!(51)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感