So-net無料ブログ作成
検索選択

棒の峰、帰路破線ルート [アウトドアー]

今日は午後2時から新宿は雨が降り出しました。やはり雨が降ると
やりにくいなあ・・・・下は出かける前に書いた昨日の事です。


昨日は朝起きたら天気が良い。やはり山に行こうかなと
思ったがどこにしよう・・・今から出かけて大丈夫なのは
そうだ、棒の嶺に行こうと8時過ぎに支度して飛び出した。

ここは何回も登っている。今の調子を見るには最適な場所だ

急がず、しかしゆっくりもしないでいつも登っている

駐車場が250mで頂上が969m 4キロ強で700m以上登るから

楽ではないが、2時間以内では登れるだろう。


ここでお知らせです

いつも書いているコースタイムとは40歳から50歳の登山経験者2~5名のパーティーを想定しています。休憩や食事時間等は含みません


そして破線とは

エアリアマップ内の一般的な実線(-)の道ではなく、
そこよりも山道の状態がよろしくなくて登山者も比較的少なめの道とあります


バリエーションルート 通常バリと言います

地形図を読みながらどこから登るか?道なき道を行きます。
訂正追加がありましたら、お願いいたします。
のら人さん、  tochimochiさん、Jetstreamさんはこのバリの達人です
私は、以前は山の会に入っていましたからバリはやりましたが一人ではできません。せめて破線は挑戦しようと昨日は下りは破線ルートにしました。初めてのコースです。ドキドキ



9時半過ぎに駐車場スタート、車はいっぱいでした
そして名栗湖へ。ここからの山の眺めは良いです

IMG_3028.JPG



途中省略します。また縮専が使えない
頂上はこのエリアでは人気の山ですから人がいっぱいいました

IMG_3035.JPG



さて、これからが初めてのコースです。
奥多摩に下りたことはありますが、今日は車へ戻るので
仙岳尾根を下ります。破線コースです
人が全くいませんが第一山人発見! 同じコースを降りるので付いていきました。
夏草で入口の道が見えなかったから、良かったです

IMG_3038.JPG


このコースはやはり破線ですね。急な下りが多く、木につかまって降りる場所が多い。

尾根を下るのですがそれなりに神経使います。
しばらく下りると二人は、休憩するので、先に行ってくださいと言われてしまい。仕方なくこの先は一人
注意深くピンクリボンを頼りに尾根を下ります。しかし尾根をそのまま下りてはいけない場所があります。多分危険なのでしょう。尾根から離れてまた尾根に戻ると言う様な巾の狭い道が2か所?ありました。


最後は尾根から離れて、川に出ました。ホッとしました。

ここは落合という場所で、釣り場があります。ここからのんびりと緊張も取れて
駐車場まで戻りましたが、久しぶりにカヌー工房に寄りました。


IMG_3048.JPG


振り返れば今戻ってきた仙岳尾根が見えます

道にカメラが三台置いてあります。ライブカメラかと思ったら
男の人が走ってきて、あれを撮るためなんですよと言い、山の上を指さしました。
鳥が飛んでいますが、私には何の鳥かわからない
何でも虎鷹と言ったような?


みな、少年の心を持っている人たちですね。


IMG_3051.JPG


今回は、歩きながらウイダゼリー1つと、林道でお赤飯のおにぎり一つ食べました。
ここでは、休憩の人たちから色々と聞かれたので少し長い時間話しました。
この時期としては、まあまあのタイムだったと思います。

帰りは畑に寄り、友達宅へ行き、いらないうちわを10本もらってきました。

さあ、また作らなくちゃ!


最後に・・・・

toshiさんの事を考えながら、危なくないところは一歩一歩登りました。
あれで良かったのだろうか?と
覚悟を決めた方に、感謝の気持ちとお別れを言わなくて良かったのだろうか?
答えは出ませんでした(-_-;)




nice!(60)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感