So-net無料ブログ作成

日航123便 墜落の新事実 [本、映画、テレビ他]

昨日は図書館で借りた、石原慎太郎の田中角栄をえがいた「天才」という本を読んだ。
角さんの書かれたものはとても面白いが、多くの人の書いた物から
それをなぞっただけの本、ただ一言だけ言えば
やはり、田中角栄はアメリカの尾っを踏んで失脚した事は
あの石原慎太郎も書いている。それだけだった


午前中に娘が色々と料理他持ってきてくれた。
話しも弾んだが、子供たちも居るから早めに戻った

そして読み始めた

8月12日にも書いていますね。読み流してくださいと、御巣鷹の事を・・・
http://majyo1948.blog.so-net.ne.jp/archive/20170812

日航123便、墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る  一気に読んだ!


s-fdsaq.jpg

もちろん斜め読みです。とにかく読み終えたかった。

私の知っている事実もあったが、知らない事も多く、
やはり!という感想です。
詳しくは書きませんが、絶対にお勧めです
いつか必ず読んでください。


なぜならいま、自衛隊、そして国を考える時に

決まって言うのは「国民の生命と財産を守る」という言葉
それがむなしく感じられます。
あり得ない事が書かれています。
信じられない事が書かれていますが

先の戦争では国は国民を見捨てたし、組織は生き延びるために隠蔽をしました。
だから、為政者の言葉をそのまま信じてはいけないのです。


著者は元日航客室乗務員です。

先輩の、同僚の、後輩への強い思いが、執念が、これを書かせたのでしょう
長きにわたって綿密に人に会い、証言を得ているのです
時折涙が滲みます。


ここに書かれている事は、推理ではありません。
あの日、どのように人が動いたのか、
詳しい調査をして、証言を得ています。
証言の積み重ねですね。そこから見えてくるものがあります。

特に上野村の小学生と中学生が書いた作文の中から
真実は見つかるでしょう。あの日の事について書かせたのです。
子供は嘘をつかないです。あの場合に・・・・
私の結論は書きません。

何度も読み返す本でしょう。


森永卓郎さん、植草一秀さんの強い推薦書でしたので
すぐにアマゾンに申し込みました。
秀逸のノンフィクションです。





nice!(59)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感