So-net無料ブログ作成
奇跡の人 ブログトップ

もし身近に悩んでいる方がいたら [奇跡の人]

もし あなたの近くで 悩んでいる方がいたら
それでは、病院へ行け!とは言わないでください。

69745.jpg

先ずは話を聞いてあげてください

何回も書いている 「奇跡の人」のSちゃんですが
今、ようやく 自分が一番大切と気がつき始めたようです。
いつも 私は言っていましたが
そこまでの心境になるには時間がかかります。
何とか少しでもご主人が良くなるように、頑張るからです。
でも、良くなる前に Sちゃんの心も体も悲鳴をあげるのです。

時折の電話や会うのは ほんの少しの慰めにしかなりませんが
少なくとも 医者へ行くよりは心の平穏につながります
電話の場合は1時間話せば、とりあえず落ち着いてきます。

病院通いの毎日が続き (ご主人が倒れてから2年経ちました)
体が動かず、朝も起きられず
そして家で寝ているしかない状態が4日間続いた時に
ご主人のお兄さんに電話したようです。
この方は 社会的にも立派な方ですが
このように言われたようです。

こちらでは、どうすることも出来ないから(遠いところに住んでいます)
心療内科へ 行ってくれと

そうでしょうか?

話を聞いてあげれば良いのです。
誰も解決できないのです。
吐き出すものを 聞いてあげて 大変だね!
わかるよ! そうなんだ・・・・・・ ありがとう。でも、休んでね

本人が言いつくすまで 聞いてあげれば良いのです。

そうは言っても 私も誰にでも話しを聞くと言うわけにもいきません
限りある時間ですから。

彼女は私のブログを読んで、わからない事もあるけれど
勉強になるし、社会の事も学んだと言ってくれます
その言葉が彼女の私へのお礼なのです

これは最近知った事実ですが
先進国中で 日本の若者の自殺率が一番高い。

41955.jpg

彼等は弱虫なのでしょうか?
病むという事は、ある意味で真面目であり、物事を深く考える人が多い
心の病は 社会の風潮でなる事も多いのです
そこにあるのは甘えだとか、心が弱いとか 否定的な要素ばかりです

私も、ある意味で失敗したことがあるからこそ わかる事があります。
4年前に問答無用の荒れた息子に 医者へ行きなさいと言いいました。
今だから わかる事です。
全て吐き出させることが 一番必要だったのです。

もし医者へ行って良くなった事があるのは 薬のせいでもなく?
また医者のせいでもないのでは?

それに至る家族の愛や、友人の励まし、そして 良い医者ならば(少ないですが)
適切なアドバイスがあったからでしょう

もし あなたの周りで 悩んでいる方がいたら

心療内科へ行けば良い! という前に
いっぱい話を聞いてあげてください。

それが一番の薬だと思います。
しかし、それにも限度がありますが
少なくとも 取りあえず医者へ行けというのはちょっと違うと思うのですが・・・・・

もし、私がブログで何か吐露して
嘆いたら
そうなんだ~ それで良いと思います。
それは、他の方にも言えると思います。
時には むなしくなることもありますから・・・・・
今は大きなものと闘っているのですから

そして息子も今、ある「社会」と闘っています。
それを毎朝・毎晩聞いています。
自分の思いを語る事により、それを確固たる考えにまとめています。
真理に近くなるのです。

本当に大変ですが 私も勉強になります
親子と言うより 今や同志

しかし、最近肩が凝るので、話を聞く時は
もんで! という条件を出しました
一挙両得? (*^。^*)アハハ


nice!(52)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SOSには気がつきたい [奇跡の人]

人は命を絶つ前に何らかのSOSサインを出す
それを見逃してはいけないと言うのが 私の反省から生まれた思いである

今から9年前
最悪のコンデションの中、連日夜遅くにある友から電話をもらった
私は疲れ果てていた。
自分自身も窮地を脱し、まだその整理も終わらない時だった。

彼とは運動友達であり、本の貸し借りも多く、一緒に走りにもよく行っていた
ご飯もよく食べに行ったし、弟分みたいな感じかなあ?

「死にたくなる時があるんだよ」と彼は言った
その時に返した言葉は、「甘ったれるんじゃないの!」
わたしだってそんな思いは何度もしたよと
長い電話にもう体も頭も動かなかった

その日を境に夜の電話は無くなった。
ああ良かった! 少しはわかってくれたんだろう
そして、忙殺されて彼の事は頭から離れていった。
引っ越ししたし、そうそう会える場所でもない

2.3か月後 彼が自死したことを知った
もう、どうにもならない・・・・・・
あの時、どうしてもっと親身にならなかったのだろうと
今も、時々思い出す。

奇跡の人のSちゃんがおかしい
いつもは話して落ち着くのだが、翌日も電話が来た
話してみると死にたくなると言う
病院に行かないときは、動けないでずっと寝ていると
いつも明るくふるまっているのは、頑張っているだけ
本当はボロボロなんだろう
電話してごめんなさい!
嫌だったらいつでも言ってくださいと何度も言う。

今日は長い時間聞いてあげようと思う。
そして看病の経験や、心が弱った事がある方
そして辛い事を克服された方
声をかけて頂ければ嬉しいです。
ここも時々読んでいます。

年老いた老老介護の親には言えず、子供もいなくて
もう2年頑張っています。一人じゃないよと言いたくて
カテゴリーに入れてあります。

病人は低酸素脳症で
赤ちゃんと同じ、胃瘻で2年近く生きています。
言葉も出ませんが、相手のいう事は理解できるようになりました。
車椅子には乗せられるようになりました。
でも、これから先が見えません
むなしくなるのだと思います。ちなみに病院まで片道1時間50分かかる。
----------------------------------------------------------------------

とここまで昼に書き、午後から青梅の病院へ見舞いに行き
今夜は、息子を含めて3人でいっぱい話して、飲んで
笑ったら、とても元気になってくれた
良かったと思う。日本の事もそうだけれど身近な人にも辛い人は多い
それを忘れないようにしなくちゃネ


nice!(52)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日々進歩している [奇跡の人]

今日は午前中畑へ行き、午後からは奇跡の人のHさんを見舞いました。
青梅の山の中に病院はあります

1414754547006.jpg

ご存じない方も多いかと思いますが
1年半前に、低酸素脳症にかかり生死をさまよい
そして、もう植物人間かも?と医師もそのほかの人も思いました。私も・・・・
でも、少しずつですが回復しています。

病人もさることながら看病が大変と
奥様のSちゃんと遊んだり、話したり、飲んでましたが
2か月ぶりに病院へ訪ねたら
全然違います。

1414754516857.jpg リハビリ室

今回も、彼の好きな曲や秋の曲、そして故郷に近い瀬戸の花嫁など吹きましたが
体や足を動かすのです。特に好きな曲の「時代」は動きが良かった
以前とは明らかに変わっていました。
時々行くからこそ分かる変化かもしれません。

1414754532307.jpg 1414754865882.jpg

ブログでも看病されている方はいらしゃいますね。
見舞いの場合だと、時々だから、久しぶりだからこそ
わかることもあります。
感じたのは薬も、医師も大切ですが、やはり治したいと言う
家族の気持ちでしょうか? 愛かな?

目標を立てたそうです。家に連れて帰りたい!

まだ時間はかかりますが 出来ない事ではありません。
側面から応援しまーーす!

今夜は我が家でご苦労さん会して、いい気分で書いています。


nice!(27)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆に元気をもらった [奇跡の人]

病に倒れたとき、もちろんその本人が一番大変だ。
Hさんの場合は本人が低酸素脳症という事で最初は意識がつながっていない。
いわゆる植物人間状態。
それが1年を過ぎ、遅々としてはいるが確実に良い方向に向かっている。
でも、本当に大変なのは介護する人ではないだろうか?
私も3か月の介護(仕事と同じで一日中で休みなし)していてわかることは
やるっきゃないと思いながらも つらいし愚痴もこぼしたい
そんな時元夫のS氏は言う。嫌なら行かなきゃいいと
そんな訳に行かないからこぼすのに・・・・・
だから話を聞いてあげて、励ます事しかできないので、Sちゃんにはそれを心掛けている。

病院の先の日帰り温泉へ連れて行こうと思ったが、昨日は雨
帰りに我が家へ来てもらう。
しかし、励ますマジョが最近落ち込んでいる。
それに引き替えSちゃんは元気だ。
5時間くらい飲んで、食べて話していたら 私が元気をもらった。
息子もSちゃんとは仲良しで、途中から加わった。
三人で体育会系の掛け声掛けて、盛り上がった。
息子も最近落ち込み気味。
二人はSちゃんによって元気をもらったのだから
本当にありがたい。

でも、介護の現場の話を聞くと むなしいなあとも思う。
今は20分の理学療法士によるリハビリが月に13回
後は口腔ケアーのみ
誰かが行かなくては、到底良くはならない。
体も固まる。
ただ、誰もがここまで良くなるとは思っていなかったので
病院のスタッフも、今以上に成果を上げたいと思っているらしい。
Sちゃんは、スタッフ、介護する人、病人に陰ひなたなく声掛けしていて
そんな真摯な姿を見て、スタッフも規定された介護をより以上してくれるのかもしれない。

本当にいつも思う。
偉いなあと。頑張れ~と


 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミニコンサート&誕生日おめでとう [奇跡の人]

踊場で 本人の了解済み
昨日は「奇跡の人」Hさんの見舞いに行った。
妻のSちゃんと待ち合わせし、
車で40分ほどの青梅の病院へ。
車中から話が弾んでいたし、
病院でHさんと久々の対面は
明るく、楽しい雰囲気だった。
○○さんが来てくれたよーー! わかったらお目目をパチパチしてと
言ったら、目をしばたかせてくれた。おおっ、わかったんだ!と とにかく嬉しい。
二人で肩から腕、そして足の指まで マッサージ。とにかく刺激を与えたほうが良いらしい
病室は殆どの方が話せない方ばかりなので、大きな声を出して良いというので、
色々と話かけた。
良くなったら 山へ行こうね~とか、ドライブしよう!
また、一緒に飲もうねとか
なんだか本当にそんな日が来る様な気がしてきた。
明らかに、依然とは表情が違う。
前は視点も定まらなかったのに、今はしっかり声も聞こえているようだ。
そして、いよいよ車椅子へ
これは介助がないと出来ない。
座っても、固まらないようにまた位置補正も必要だ。
いつも二人が過ごすという 4畳ほどの踊り場へ。
ここは外も見えて暖かく最高の場所だ。
持参したオカリナで リクエストのあった「テネシーワルツ」
「時代」「オリビアを聴きながら」など
また、春の曲、ふるさと、その他かなりの曲を吹き、そして歌った。
音響が素晴らしく良くて、吹いている私も最高の気分。
極めつけは、3月17日がHさんの誕生日なので
ハッピーバスデーを歌う。Sちゃんも私もノリノリだ。
Sさんを見ているとじっとマジョを見つめてくれている。
このメロデイーが届けと、時代は何回も吹き、歌った。
-
そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ
あんな時代があったねと きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう
病気前のHさんは この歌を聞くといつも涙を流したそうだ
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蘇った感情 [奇跡の人]

奇跡の人で書いた Sちゃんは今 介護の勉強もしている。
だからその日は行けなくても 週に5日は遠くはなれた病院へ
出かけている(青梅の外れの山の中です)
ところが、ところが・・・この大雪とその後
病院に問い合わせするも無理だという返事。
泣く泣く自宅待機していたが、除雪車が入ったという事で
今日は出かけたらしい。
そうしたら、病人はかなり怒っていたらしい。
そのメールを受けて 私はすごーく嬉しかった。
やったね! 感情がそこまで表現できるという事は
素晴らしい! 良かったねと返事した。
その後またまた 電話で長話した。
言語能力をつかさどる何かがまだダメだけど
5日も来なくて寂しかったよー、
どうして来なかったぁ~
そんな感情が正常に働くようになったんだ。
この大雪も マイナスばかりではない。
感情というものに訴えた功績があるのかもしれない。
今夜は、すごく嬉しい。

トラックバック(0) 

大事な人たち [奇跡の人]

今 2時間近い電話を終えました。
それは、昨年3月に突如倒れ、植物人間になるだろう・・・・
または、そのまま死を迎えるだろうと
医師も介護スタッフも思っていた友人が、意思が芽生えはじめ
(喜怒哀楽が出てきた)
短い時間だが車椅子に乗せて過ごせるまでになったことです。
しかし、話は出来ません。乳幼児に近い症状のようです。
奥さんのSちゃんとは 何でも言える間柄。
若い(一回り下)以前のスポーツジム仲間です。
私にとっても一番辛かった時期の昨年3月に
夫であるHさんは倒れました。
私が自己破産するかしないか瀬戸際に立っている8年前に
ご相談した、その道のプロの方です。
それからは妻であるSちゃん共々Hさんとも親しくしていました。
見舞ったときは これから先どうなるのだろう?
暗澹たる気持ちになりましたが
先ず、思った事はHさんは医者に任せよう
その介護をするSちゃんを私はサポートしよう!ということでした。
奇跡が起こっています。
医者が、関係者が過去になんと言おうと、本人の生命力や
妻の献身、またスタッフの努力により
奇跡は起こるのだなあ・・・・と
何度も頂いた電話や話でそんな思いを強くしました。
誰一人、良くなると言わなかったときに
頑張りましょう! 良くなる可能性もあるからと励ましてくれた人
今現在は 若いリハビリスタッフに助けられているとか
諦めない! それが大事ですね。
Sちゃんは、色々な事を伝えたいという思いがあります。
私は時々はその代弁をしたいと思います。
時々「奇跡の人」を書かせてください。

奇跡の人 ブログトップ