So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

翁長さん県民葬の日に思う [政治・社会]

今日は翁長さんの県民葬の日です。
2時からですからこの時間にまだ詳細は出ていません

翁長さんと言えば、4年前のこの菅原文太さんの演説を思い出します。


自らの死の一か月前に沖縄入りして
翁長さんを応援しました。


10671272_475311199273912_8590816478090788948_ns.jpg


2014.11.4 ダイジェスト 3分少々
https://www.youtube.com/watch?v=m2lZf9NS0ic


文字起しから


プロでない私が言うんだから、あてになるのかならないのかは分かりませんけど、
政治の役割はふたつあります。


ひとつは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。


もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争をしないこと!


私が小学校の頃、戦国(軍国)少年でした。小学校、なんでゲートルを巻いて、

戦闘帽を被って、竹槍持たされたのか、今振り返ると、本当に笑止千万です。

もう二度と、ああいう経験は子どもたちに、子どもたちだけじゃない、

大学生も雨のなかを、大勢の将来大事な大学生が戦地へ運ばれて、半数が帰ってこなかった。


沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も空気も風も、すべて国家のものではありません。

そこに住んでいる人たちのものです。
辺野古もしかり!

勝手に他国へ売り飛ばさないでくれ。


まあそうは言っても、アメリカにも、良心厚い人々はいます。

中国にもいる。韓国にもいる。その良心ある人々は、国が違えど、同じ人間だ。
みな、手を結び合おうよ。


その頃から沖縄については考え始めていました。
この演説には胸打たれました。

その二人は今は亡き人
しかし、翁長さんは敢然と日本政府と対峙し、最後まで頑張られた
そして、病をおして応援した文太さん 
忘れ得ぬメッセージです。


それに報いるために

2019年6月に全国紙に意見広告するための賛同金を送りたいと思います。
名前はもちろん公表可とします。
この意見広告を見たいです。



s-lodar.jpg


nice!(57)  コメント(36)